ハーブチンキの作り方

最終更新: 6月1日

こんにちは。本日はイヴルルド遙華さんとのインスタライブをご覧いただきありがとうございました。

ライブでご紹介したレシピを載せておきますので、気の向くままに作ってみてください。チンキは今回はタイムで作りましたが、もちろん他のハーブでも作れます。いろいろ作って活用してみてくださいね。

タイムのチンキ


材料:ウォッカ、テキーラなどアルコール度数40°くらいのアルコール100mLに対して乾燥タイム10g

道具:仕込み時は煮沸消毒した口の広い瓶ジャムなどの空き瓶    完成時は保存用の遮光瓶(ドロッパーつきだと使いやすい)、茶漉しなどハーブを濾すもの    器具を消毒するためのアルコール、計量カップ


瓶にハーブを入れ、その上から上記のアルコール100mLを注ぎます。蓋をしっかりと閉めて振ります。光の当たらない、高温にならない戸棚の中などに保管し、3週間ほどおきます。毎日1回は取り出してよく振りましょう。


3週間ほど経ったら、茶漉しなどを用いてハーブを取り除きます。出来上がったチンキは保存用の遮光瓶に入れ、ラベルに品目と日付を記入しておきましょう。


チンキとは、アルコールで植物の成分を抽出した製剤です。植物(ハーブ)をお茶として飲むときは、水に溶ける成分を飲むわけですが、チンキは植物の成分で水には溶け出しにくい成分も効率よく抽出することができます。水に垂らして溶かして飲むので手軽に飲めるという利点もありますね。ただしアルコールを使用していますので、未成年の方、妊娠中や授乳中の方、アルコールに過敏な方は使用できません。(アルコールに弱い方は飲む際に熱湯に溶かせばアルコール分を飛ばすことができます。)


作ったチンキは水に薄めて飲んだり、うがいをしたり、外用として使うことができます。

飲用の際は1回に20〜30滴。外用では局所使用ならそのまま、広範囲であれば精製水で10倍程度に希釈して塗布します。ニキビや水虫のケアにおすすめです。


タイムは抗菌作用、抗ウイルス作用にとっても優れています。呼吸器系、消化器系への作用、体の強壮作用や疲労回復作用もあります。


感染症の予防対策が重要となる今の状況にピッタリのレシピです。お家での時間で色々なハーブで仕込んでおけば、今後も手軽に植物療法を取り入れることができますね。ぜひお試しください。


  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Twitter ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン

2020 © Infophyto